今は、お年寄りの数がありますか、さきは余裕があります

狭い土地の京都では,なかなか、土地が出てこないのです。出てきても、20坪を上回ることはないのです。そこで、気に入ったところが出てきたら、すぐに買わないと、あっという間に誰かが買ってしまうのです。インターネットにはあっという間に、掲載されなくなってしまうのです。ここまで、早い街はないでしょう。
さらに、外の方には、わからない事情ですが、東京の介護事情は、パンク状態にあるといいます。近くの都道府県に介護施設を作るというニュースも聞かれてきました。ところが、京都は、今は、とにかく、お年寄りの町なので、いっぱいなのですが、このお年寄りの波が過ぎたら、一気に、余裕になるのではないかと思います。若い人は、住んでいないからです。町で見かけたとしても、地元の人ではないのです。地元の人は、一つの町内で、20人ぐらいしか働く世代の人はいないのです。つまり、お年寄りの10分の1以下ということになります。ガラガラです。

今は、お年寄りの数がありますか、さきは余裕があります

やはり健康が一番大切で幸せである事を実感しました。

私の本業の会社に長年いた人はなぜか皆体を壊して急に辞めざるをえない状況になります。
長年経理をしていた女性も腰を打って寝たきりになってしまいましたし、元経理部長も肝臓を悪くして辞めたし、今度は工場のボス的な女性も少し前から膝が痛いとちょくちょく休みながら働いていましたがついに限界が来たとの事ですぐに辞めたいと連絡がありました。
皆さん長年いた=そこそこ高齢ではありましたが、まだまだ働ける年齢ですし、体を壊すには早いのです。それでも皆が体を悪くするのは何だか偶然とは言えない様な気がするのです。
前々から体調が悪かったけど責任感が強くてだましだまし働いていたのかもしれませんが体を壊してしまったら日常生活もままならないかもしれないので私もある程度になったら辞めたいなぁと思います。
なので少しでも体調がいつもと違うなと思ったら遠慮せずに病院に行くべきだし早く行けばこれからの人生を仕事のせいで縮めなくてもいいかもしれませんよ!

やはり健康が一番大切で幸せである事を実感しました。

北海道にもやっと最高の季節がやってきました

初夏の北海道の一大イベントのよさこいソーラン祭りがいよいよ始まりました。梅雨のない爽やかな空気の中で、全国から、アジアからも多くのチームが参加して、今年の大賞を目指す、4日間の始まります。北海道では、各市町村のチームの踊りに注目と期待をしてみているのですが、強いところは、伝統のあるチームが強そうですね。
初夏の札幌の街をよさこいの衣装を着た者たちがあっちにこっちにと移動しながら札幌中で、踊るのですね、最後の大通会場のファイナルを目指して、真剣な踊りが続くのです。
多くの観客も集まる処は、今の時代テロなどの危険もあるので、警備も重要ですが、安全んな国日本ですので、そんなことはないと思いますが、最後まで、何事もなくフレンドリーに終了、ファイナルを迎えることを願っています。
いよいよ北海道に夏を告げるお祭りが目白押しです、直ぐには、北海道神宮祭りが、行われ、富良野、美瑛では、色とりどりの花が咲き乱れ、綺麗な風景を作り上げ多くの観光客が、ヨーロッパを思わせる様な風景にあこがれるのでしょう、短い北国の夏を大いに楽しみましょう。

北海道にもやっと最高の季節がやってきました

嫌いなタイプの虫がカレー食べてる時に現れたが抹殺した

私はさっきまでカレーを食べながら録画したテレビを見ていました。
夜中にカレーを食べながらテレビを見るのは私が最も心が落ち着く時間なのです。
そんな時に邪魔者が現れました。
それは虫です。部屋を飛んでいるのが確認されました。
しかも私が嫌いなタイプの虫で早く殺したくなりましたが姿を見失ったので出来ません。
取りあえず急いでクレーを食べてパソコンでの仕事をすることにしました。
しばらく経つとさっきの虫が再び現れていました。
私の苦手なタイプな虫なので本当に気持ち悪かったのですが、虫をどうにかしたいので立ち向かっていきました。
きっと私は睡眠薬を飲んでぼーっとしている状態だったから立ち向かうことが出来たのかも知れません。
飲んでなかったら出来なかったかも知れません。
無事に素早い虫を退治することが出来て心がほっとしました。
虫も退治したことですし私はこれから二回目の夜食を食べることにします。
夜中が一番安心して食事が出来るのです。アイフル キャッシング atm

嫌いなタイプの虫がカレー食べてる時に現れたが抹殺した

小学校低学年の娘、読書はあまり好きでなかったはずなのに、かなりの成長が見えました

小学校低学年の娘、あまり読書は好きではありませんでした。
もったいない、読書したら世界が広かるし、絶対に役に立つのに!お兄ちゃんは幼稚園のころから一人で読書してたのに!
そんな気持ちから、やや、焦りがありました。でも、ただ「本を読みなさい」と言うではなかなか読まないんです。
なので最近は、まずは母の私が図書館で娘の好みそうな本を借りてきて、目に触れさせたり、声掛けしたり、朝ご飯の後で登校前の学習タイムなどに少しずつ読む習慣をつけるようにしました。
昨日、今日と、学校がお休みだったので、自転車で図書館へ行きました。まずは自分で選ぶことにより、読みたい気持ちが生まれたのか、なかなかのペースで読み進めました。このペースは娘に任せ、二日目の今日は、内容にも口出しをしないように意識しました。
そして、「これ借りたい」というものだけを借りて帰りました。
地味な準備期間約1か月と、たった二日間の図書館お出かけですが、それなりに結果が出たように思います。
今後、娘自身の成長が見られると思うと、母としてはワクワクです。

小学校低学年の娘、読書はあまり好きでなかったはずなのに、かなりの成長が見えました

給食のお手伝いに行ってきてから思ったこと

子供の幼稚園に給食のお手伝いに行ってきた。去年の年中さんの時には、あらゆる周りの子からうちの息子がこんなことをする、という苦情をたくさん言われて泣きそうになったので、今年もそれを覚悟してました。
しかし、年長さんになったからなのか、給食の時間の子供達の落ち着きぶりに驚きました。でも、うちの息子は給食の配膳が終わってから、いただきますになるまでに、お茶や御味噌汁に手をつけてみたり、足も椅子のヘリのところにのせたりして、とにかく落ち着きがないのが目立つ。
食事中はわりかし子供達ももくもくと食べていた。いろいろ話しかけてこられることもあったけれども、みんな食べること優先だった。うちの息子の食べっぷりは三角食べということがまったくできてなくって、一つずつ片していく食べ方をしていた。最後に御飯を食べてたんだけれども、まだまだこぼしたりしてるし、かきこむようにしているのが気になってしまう自分でした。箸の持ち方もまだまだだし。痩せる 酵素 ランキング

給食のお手伝いに行ってきてから思ったこと

ロシアのビザは業者に依頼すれば簡単に取得できることを知った

今までに東南アジアへ旅行した時は何回かありました。そして、大半の場合は事前にビザを申請せずに入国することができました。
でも、ロシアへ旅行する時は同じようにはいきませんでした。というのも、ロシアは観光目的の滞在でも、事前にビザを申請する必要があるからでした。また、ビザの申請には滞在先のホテルなどを伝える必要があるという情報も見聞きしていたので、比較的ビザの取得が難しい国なのだと感じていました。
ビザの取得に失敗することを恐れて、私は業者に依頼することにしました。お金はかかりますが、失敗する心配を避けられると思ったからです。実際に、その業者さんのおかげで無事に取得することができました。
その取得に当たって驚いたことは、その業者に依頼するまで必要と思っていた滞在先の予約などが全く不要であったことです。必要なものは、パスポートと写真だけでした。他にも事前の手続きが必要なものがあるだろうと思っていたので、この2つだけが必要と聞き、拍子抜けしてしまいました。何はともあれ、無事にビザが取得でき、安心して旅行することができました。

ロシアのビザは業者に依頼すれば簡単に取得できることを知った

今日は、店長を早く返す為に早くきました。

私はハード系のリサイクルショップで働いています。
本業がシステムエンジニアということで、パソコンの担当しています。
今は、人が辞めていき、ギリギリでまわしています。
店長は、休日でも朝は来るようにしているみたいです。
店が気になって、こないと気が済まないのだと思います。
私は、その内容に関しては、休みの日は休む事・休みは
買ってでももといれといわれてきたので、店長が休みの日は
いつもより、20分早く着くようにしています。
そして、強引にかえってもらいます。
今まで、ドライブや旅行もした事がないという話なので、
スタッフがレベルアップし、安心して店長が休める体制を
作るべきだと考えています。
ただ、スタッフはアルバイトなのでどこまで責任を与えるかは
現状の問題だと思います。
しかし、店長は子供が生まれたばかりという事で、育児も
がんばってほしいと思っています。
私もまだ、バイトですし、本業のシステムエンジニアの仕事
もあるので、これから先がどうなって行くのかは私自身
わかりませんが、今、起きている事を解決する事で、
道は開けると信じています。

今日は、店長を早く返す為に早くきました。

可愛く思い出を残せる「スクラップブッキング」

子どもが産まれてからの写真が溜まってきたのをきっかけにスクラップブッキングに、ハマってます。さまざまな種類の紙やボタン、レース、マスキングテープを使い、写真をデコレーションしていきます。初めは100円均一で買ったグッズを使用していましたが、より上手になりたい思いから、専用の道具を揃え、教室にも通うようになりました。出来上がった作品は、家中に飾ってあります。家に遊びにきたママ友からも好評で、今では、教えて欲しいと言われるようになる程、上達しました。色彩感覚やバランスがとても難しく、色やレイアウトの勉強も合わせてしています。写真に合った素材の紙やテープを、自らが持っているものの中から探し、無限にあるレイアウトの中から最適なレイアウトを考えるのは、とても難しいですが、一つの作品が出来上がった時の達成感がありますし、その作品を眺めながら生活するひとときは最高です。今は、スクラップブッキングに関連する本を集め、よりよい作品が出来上がるように、日々勉強中です。

可愛く思い出を残せる「スクラップブッキング」