夏の最後の家族旅行は千里浜海水浴場でした

もうすぐ夏も終わりですね。
旦那さんの夏休みは、今週で終わりでした。短かったな〜
いろいろやり残したことが多くて、後悔でいっぱいです。
そんな夏でしたが、休みが終わる前になんとか家族旅行に行けました。
お仕事の都合で、二泊三日の筈が一泊になっちゃいましたが、早起きしたお陰で満喫できました〜よかった! 

メンバー
旦那さん、息子、娘、ホームステイの女の子、私。
一日目は、千里浜のドライブウェイで海水浴。
二日目は、富山湾を回ってドライブ。
二日間で何キロドライブしたのかな〜、旦那さん頑張った。

一日目は、京都を六時に出発。午前中に金沢につけました。
息子が生まれる前に金沢に来たけど、その時には行けなかったひがし茶屋町へ行くことができました。
べんがら格子、好き。加賀友禅のグッズもかわいかったです。
旦那さんは金箔ソフトクリームを食べて、唇を金色にしてました。
それから、千里浜へ。
海岸の砂の上に作られたドライブウェイです。そこを車で走るの、不思議な感じでした。
久し振りに海で遊べて、楽しかった〜
波に乗ったり潜ったりでで砂のお城も作ったしね。
夜はお寿司屋さんで海鮮丼。海に来たら海鮮食べないとね〜美味しいと叫びまくってました。

二日目は、八時に出発。
最後にもう一度砂浜を走り抜けてからを氷見へ。
晴れてた富山湾の向こうに立山連峰が見える、らしいんですがもやってました……
藤子不二雄先生の出身らしく、忍者ハットリ君だらけの商店街がありました。
富山まで出て鉄むすスタンプを押してから、高速で帰宅。
長い旅でした〜
楽しくてたくさん笑えてよかったな♪vio 通い放題

夏の最後の家族旅行は千里浜海水浴場でした

キレる高齢者激増。子供世代にとっても悩ましい問題です。

高齢者が暴行により摘発される例が、この10年で4倍になったという記事を見ました。
つえで殴ったり、男児の首を絞めたりとなかなか過激な行為をしたようですが、確かにバスや電車などの公共交通機関などで誰かに迷惑をかけている人を発見すると、大抵はお年寄りです。
穏やかなお年寄りというイメージからかけ離れたその姿に驚かされることもしばしばですが、体や脳が思うようにならなかったり、社会的に孤立したりと様々な問題を抱えて「キレやすく」なってしまっているお年寄りが、今本当に増えているのだな、と実感させられます。
そんなことを想っている私の両親も、もうすぐ高齢者と呼ばれる年代に差し掛かるのですが、確かに若い頃より理不尽なことを言うことも増え、短期になっている気もして、子供としては戦々恐々としています。
先日も、何やら問題が起きたとき、物事の全貌を確かめもせずに家族を怒鳴ったりしたそうで、理不尽さにびっくりしました。
人は年を取ると子供に帰る、などと言われますが、まだ体も元気で痴呆というわけでもないのに、早々に手の付けられない高齢者になられたのではたまったものではありません。
それにまだ家族にだけ迷惑をかけているうちはいいものの、そのうち他人にまで影響を及ぼすようになったらと思うと気が気ではありません。
こういう記事を見るたびに、「自分の親だけはまともでいて欲しい」と思うものの、老人の認知症も劇的に増えている今、私の望む通りにはいかないかもしれません。
高齢者の問題は、それを支える家族の問題でもある・・・このことを肝に銘じて、老いた親の相手を考えなければいけないと思っています。

キレる高齢者激増。子供世代にとっても悩ましい問題です。