明とあんのコントラストも日本的にみえるのです

当たり前ではあるのですが、日経プラステンの終わりの東京の夜景を見ています。凝視しています。特に冬だと、空気が澄んでいるので、夜景も美しいですよね。そこで、車がチューブの中を走るように赤いライトが線を描いていたりします。行きたいなあ、懐かしいなあ。と、思いは昔にもどります。
ですが、車も十一時近いと、そこまで、渋滞することもなく、みなさん、あの大勢の方が、ご自宅でくつろがれているのだなあと、考えます。生徒動の街ですね。昼と夜の動きの違いは、ここでも日本文化を感じてしまいます。わびさびのような感覚です。めいとあんのコントラストというのでしょうか。
バブルがはじけて、二十年が過ぎて、復活した町です。
バブルの頃は、夜も明るかったので、そこだまだ、バブルではないところなのでしょう。もっと、もっと、車は行き交うはずですから。遠くにいて、そんなことを見ています。もっと、東京の風景がみたいですよね。ハローイン、雨でしたね。vio 脱毛ラボ

明とあんのコントラストも日本的にみえるのです