物語のいよいよその場所を登ることになる話などをします

主人公たちは、疲れも取れて、また本来の気力を取り戻し、テントをしまい、フックを、上にかけます。基本的に、かける場所は、どの立ち位置から、かけても良い場合も、あるのですが、この場所は、飛ぶことのできる、鳥などのモンスターとか、岩の、平面を、歩き回る小さなモンスターが、たくさん出てきます。なので、その上に、モンスターなどが、いる場合には、フックを、ひっかけた時に、敵に、ダメージを与える、もしくは、倒すこともできる場合があります。それが、どちらのモンスターであっても同じことが言えます。確かに、鳥は、飛ぶこともできますが、飛ばないで、地上などにいる場合もあります。考えてみると、鳥は、飛ぶことの出来る不思議な生き物だと思います。動物などにも、種類があるのですが、人間にない能力があるのですから。鳥も、小さいのもいれば、大きいのもいます。フックをひっかけるときに、敵が、いるとこを、狙いフックを、ひっかけて効率よく進める手段もあります。だけど、主人公たちは、まずは、敵のいないとこに、フックを、ひっかけて一段上がります。http://www.fndg.co/mobit/okane.html

物語のいよいよその場所を登ることになる話などをします